2016年05月24日

まっすぐ飛ばないのはビジネスゾーンが安定しないから


まっすぐ飛ばない、スライスやフックが直らない、思うように飛距離が出ない、などで悩んでいませんか?


これらの悩みはすべて自分のスイングが悪いからだと考えて、きれいなスイングにしようとしているのではありませんか?


きれいなスイングを作ればボールは曲がらなくなる、飛距離が出るという考え方は、間違いだとは言えないのですが、あなたの上達を遅らせる結果になっているということを理解してほしいのです。


もしこれからのゴルフ人生を、ボールが曲がる、ボールが飛ばない、などと悩むことから解放されて、ゴルフが上手くなりたいと本気で考えているのなら、もう少し読み進めて下さい。



 アマチュアがスイングを作っていくうえで重要な事はたった1つしかありません。

それは、インパクトです。


グリップは・・・人それぞれで、こうでなくてはいけない!というものは存在しません。
アドレスも、その人の体型やクセで全く違います。しかし、スイングを順番に追って見ていくとある一点だけ、優れたプレイヤーに共通する部分が見えきます。


ボールをどこに、どのように飛ばしたいのか。それによって、フェースにボールをどう当てたらよいか、この部分だけは優れたプレイヤー全てに唯一共通していることなのです。


つまり、この「理想的なインパクト」はどんなに個性的なスイングでも、変則的なアドレスやグリップでも関係ないのです。優れたプレイヤーは理想のインパクトを向かえるということです。


しかし、「インパクト」を点で考えるとゴルフは難しくなります。そこで、点ではなく、線(ゾーン)で考えることが大事なのです。


インパクト前後のゾーンを極めることが、ショットの精度につながるということです。
これを『ビジネスゾーン』と呼びます。『ビジネスゾーン』というのは、これさえ安定すれば、ゴルフで食べていけることからプロの間で使われ始めた言葉なのです。



 それでは、『ビジネスゾーン』を安定させるためには、どのようにすればいいのでしょうか?


 それはプロセスではなく、結果から作り上げることです。

何が言いたいのか分かりませんよね。つまり、結果の部分を正しく作りあげることによって、グリップやトップの形を少し変えたときに結果がどう変化するのかがわかるのです。
今まで孤立していたパーツが潤滑油が注がれたようにダイナミックに連動し始めます。


正確なインパクトから作り上げられたスイングは、練習を重ねるごとに、理想のポジションに自然に収まっていくのです。


すると、上達のスピードが今までの常識を覆すほど変わってきます。そして、ゴルフが変わるのです。



 もしあなたが、
「今まで何をしても上達しない」
「スコアの壁にぶち当たっている」などと、

ゴルフが上手くならないと悩んでいるのなら、『逆算型の新しいプログラム』を実践してみてください。


もう無駄なことにお金や時間を投資する必要はありません。


 『逆算型の新しいプログラム』を試してみたい方は、

 こちらから、どうぞ。
  ↓ 
7日間シングルプログラム


 top.jpg



posted by 7single at 16:47| top