2013年08月24日

問題が解決しないときは、自分のやり方を疑え!


 今回は、小原大二郎プロが指導者として教えている実体験から得た教訓を説明してくれます。問題が解決しないときは、自分のやり方を疑え!どんなことにも通用することだと思います。


ある生徒さんの話をします。その生徒さんのスイングで一番違和感があったのが、「グリップ」でした。
そこで、「そのグリップにしたのは、いつごろすか?」と聞いてみると、「今のコーチに習いはじめてからです。」という答えが返ってきました。「試しに、こんなグリップにして打ってみてください。」とお願いしました。

 私が教えたグリップで、何球か打ってもらったんですが、たったそれだけで、前に打っていたのとは全然違う弾道に変わったのです。その間せいぜい10秒ぐらいだったと思います。私もここまであっという間に変わるとは思っていなかったので、驚きました。

 話を聞くと、この方は近くの練習場でレッスンプロについて教わっているのですが、いくら練習しても上手くならないので、知り合いの紹介で私のところにやってきたのだそうです。


 「どうしても問題が解決しないときは、自分のやり方を疑え」、これが今回の教訓です。

人から教わる場合には、少なくとも一定の期間は、その人の言う通りに一生懸命練習しなけれはなりません。しかし、半年以上やって効果が出ないのであれば、やはりそのやり方を疑わなければなりません。もし今回、グリップを変えなければ、この方は何年もうまくならないまま続けていたかもしれません。特に、なんでも我流でやってしまう人は、自分のやり方があっているのかどうか考え直してみてください。




posted by 7single at 11:49| 小原大二郎 語録

2013年08月22日

短期間で上手くなる人とならない人の違い



 今回は、小原大二郎プロが長年指導者として教えていて、短期間で上手くなる人とならない人の違いについて語ってくれました。短期間で上手くなる人に共通した性格があるというのです。それはゴルフに限らず、すべてのことに通じる要素だと思います。この文章を読んで、自分はどちらなのか、よく考えてみてください。それを改めれば、すぐに上手くなれるかもしれませんね。


 短期間で上手くなる人とならない人の違いは、身体の大きさとか運動神経などではありません。
これがある人はどんなスポーツをやっても、すぐに上達すると思います。

それは、陳腐な言い方かもしれませんが、
「素直なこと」  です。

教えられた通りに素直に徹底的に実践できる人は、スイングも短時間で改善できます。スイングがよくなればショットも安定しスコアもよくなります。

 しかし、言われたことを素直に聞かず、「これは今まで通りでいいんじゃないの」と考えて、言われたことに従わない人は、なかなか自分のゴルフの世界から抜け出すことができません。「素直さ」はゴルフに限らず、あらゆるものに必要な素質だと思います。


 それでは、なぜ、人は我流でやりたがるのでしょうか?
素直に実行すれば上手くいくことが分かっているのに、我流を押し通してしまう。それは、「エゴ」なのだと思います。


 もしあなたが、ゴルフが上手くなりたいのなら、考え直した方がいいですよ。
「エゴを満たしたいのか?」
「ゴルフが上手くなりたいのか?」



posted by 7single at 18:01| 小原大二郎 語録

2013年08月21日

ゴルフが上手くなるために、すぐに止めるベきこと!


 今回は、小原大二郎プロが長年指導者として教えていて感じていることを語ってくれました。ほとんどのゴルファーが陥っている罠だと言えるかもしれません。この文章を読んで、すぐに実践してほしい内容です。


 「これだけ練習しているのに、上手くならない・・・」と思っている人にに読んでほしい内容です。練習しているのに、イマイチ上手くならない。そんなふうに思っている人のほとんどが陥っている落とし穴、それは、「“すぐに”上手くなる方法を探している」ことです。こういう方が、本当に多いですね。

上手くなろうと頑張っている姿勢は素晴らしいですし、マジメに練習をしている人がほとんどです。それなのに結果がついてこないのです。


 そのような方に、なぜ早く上手くなりたいのか?その理由を尋ねてみても明確な返事が返ってきません。
早く上手くなればえらいわけでも、すごいことでもないのです。単に格好がいいだけでしかありません。


 このような方にやってほしいことは、「すぐに上手くなろうとすることを止めること」なのです。そして、基本的な練習をみっちりやってほしいと思います。実際、プロもこうした地味だけれども実になる練習を「当たり前のように」繰り返し、繰り返し練習しているのです。その方が、最終的に早く上手くなることを知っているからなんです。だから、早く上手くなる必要なんかないのです。基礎的な地道な練習を繰り返し練習して、身体に叩き込んでやることです。



5ラウンド以内で100を切る上達の秘訣を知りたい方は、
下記サイトをご覧になってください。

 今すぐ・・・
小原大二郎の7日間シングルプログラム



posted by 7single at 10:35| 小原大二郎 語録

2013年08月20日

ゴルフが上手くなるための3つの要素とは?


 今回は、小原大二郎プロが考えている、ゴルフが上手くなるための3つの要素について説明してくれています。この文章を読めば、「スイング」の大切さについて、さらに理解が深まると思います。


 ゴルフが上手くなるための3つの要素について説明しますが、どれか一つでも欠けても上手くなりません。この3つがうまく融合してはじめて、結果を出すことができるものだと理解してください。

1.正しいスイングを手に入れること

 正しいスイングを手に入れることは、ゴルフでスコアをアップさせるための重要なカギなのです。だから、多くのプロゴルファーやコーチは、スイングを習得することがゴルフ上達の70〜80%を占めると考えているようです。ただ、問題は、スイングを手に入れたら終わりではありません。そのスイングをずっとメンテナンスしなければならないのです。



2.スイングが自分の身体に合っていること

 自分の年齢、性別、筋力、柔軟性、そして達成したい目標に合うようなスイングを選ばなければならないということです。経験のない方にとっては難しい問題ですよね。ある程度、試行錯誤しなければならないのは仕方がないことだと思います。しかし、スイングが自分に合ったものであればあるほど、よい結果が得られることは間違いありません。



3.練習の方法が確立されていること

 自分で練習ができる仕組みを確立している人は、時間の差はあるものの間違いなく上達します。自分に合ったスイング、自分に合った練習法が確立できていれば、ゴルフクラブなどにお金をかける必要もありません。


posted by 7single at 11:21| 小原大二郎 語録

2013年08月19日

やはり迷ったらスイング


 小原大二郎プロは、ゴルフで最も大事なことは「スイング」だと考えていることをお伝えしました。今回は、「スイング」が基本だということを前提として、基本である「スイング」をどのように活用すべきなのかを説明しているので、じっくり読んでみてください。


 人間というのは、一度何かで上手くいくと、その上手くいった方法をなかなか変えようとしなくなります。ゴルフの場合だと、ある練習法を取り入れて100を切ることができたとすると、それ以降、その練習法に固執して他の練習法に代えることができなくなってしまいます。

特に、100を切って間がない人が、次にシングルを目指すとなると、今後いろんな壁(技術、体力など)にぶつかります。その時に、考えなければならないことは、100を切ることができた練習法が自分のスイングにどのような影響を与えているのか?ということです。

練習法のことだけを考えていると、スイングそのものに意識がいかなくなるのです。いつもスイングのことを気にかけていれば、自分に合ったスイングから離れてしまって、スコアを崩してしまうこともありません。自分がやっている練習がスイングにどのような影響を与えているかを客観的に見れるようになります。


だから、どのような練習法をとっても、最後はスイングに帰ることです。特に、迷ったら、スイングに帰る。これを知っておくだけで、ゴルフが変わります。もちろん、いいようにです。


posted by 7single at 14:34| 小原大二郎 語録

2013年08月18日

スコア再現のカギは「スイング」しかない!


 小原大二郎プロは、ゴルフで最も大事なことは「スイング」だと考えています。だから、「スイング」を自分のものにできれば、自然とスコアはついてくるというのが持論です。そのあたりの考え方を説明しているので、よ〜く味わってみてください。


 ゴルフはスコアを競うスポーツ」です。ですから、スコアが全てです。スコアばかり気にするアマチュアゴルフアーが多いのも事実です。そのスコアを良くするためには、スコアを構成している要素を理解しなければなりません。つまり、良いスコアをいかに再現するかという話です。


 ゴルフの再現性を支えてくれるのは、「スイング」しかないのです。スコアを良くするために練習するにしても、スコアを再現してくれるのは「スイング」だということを理解し実践できた人だけが、良いスコアという成果を得ることができるのです。

 これが、ゴルフが上手くなるための正しい姿勢だと考えています。ゴルフをやっていて、スイングに関心がないというのは、「お金が欲しいけど働きたくない」と言っているのと同じです。


 ゴルフでは、スイングが最も大切なのです。自分のスイングがどのような状態になっているのかを理解し、良くするために何をすればいいのかを考えながら練習をすることです。そして練習を重ねることです。もう一度、自分のスイングがどうなっているのか、考え直してみてください。


posted by 7single at 13:36| 小原大二郎 語録

2013年08月17日

上達するゴルファーとダメなゴルファー


小原大二郎プロが考える上達するゴルファーとダメなゴルファーの違いについて説明しています。
全部で10項目あるのですが、いちいち頷いてしまいます。

小原大二郎プロはゴルファーについて、その違いを説明していますが、言葉を置き換えれば、人生で成功する人としない人の違いを説明しているようです。
とても参考になるので、良く味わってくださいね。


 上達するゴルファーとダメなゴルファーの違いとは?

1.上達するゴルファーは、スイングに答えがあるといつも考えている
 しかし、ダメなゴルファーは、いつもスコアばかり気にしている

2.上達するゴルファーは、「自分に問題がある」と考えている
 しかし、ダメなゴルファーは、「教える側に問題がある」考えている

3.上達するゴルファーは、同じ練習を続けられる
 しかし、ダメなゴルファーは、中途半端な継続しかできない

4.上達するゴルファーは、徹底して自分の今の状態を理解しようとする
 しかし、ダメなゴルファーは、上手くいく方法を外に求めてばかりいる

5.上達するゴルファーは、自分がルーティンで練習する内容が具体的に決まっている
 しかし、ダメなゴルファーは、練習する内容は行き当たりばったりで決まっていない

6.上達するゴルファーは、継続することにフォーカスしている
 しかし、ダメなゴルファーは、上手くいく方法にだけフォーカスしている

7.上達するゴルファーは、忙しい中でも自分の練習時間を確保しようとする
 しかし、ダメなゴルファーは、忙しいことを理由に練習をサボる

8.上達するゴルファーは、上手くなるために何かを始める
 しかし、ダメなゴルファーは、勝手に上手くなるのを待っている

9.上達するゴルファーは、上手くなるのもならないのも自己責任だと考えている
 しかし、ダメなゴルファーは、上手くならないのは外に原因があると考えている

10.上達するゴルファーは、ゴルフを心の底から楽しんでいる
 しかし、ダメなゴルファーは、グチばかりを言ってゴルフを楽しまない



posted by 7single at 11:04| 小原大二郎 語録

2013年08月16日

小原大二郎とは?


 小原大二郎氏は、1976年2月生まれで千葉県出身です。
現在は、ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロとして活躍しています。

18歳の時に初めてゴルフを経験し、プロになるまでの間、ほとんどの時間をゴルフ練習場で過ごし、2002年に26歳でプロデビューしています。しかし、ツアーでの実績はほとんどなく、ゴルフコーチとしての活動が主体です。


 その後、レッスンプロとして、ゴルフの指導者として頭角を現し、「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱するまでになりました。これまでの指導経験から、「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」など、ゴルフ初心者にも分かりやすいレッスン内容と温厚な人柄で、レッスンプロとして人気を集めています。特に、ゴルフ経験の浅い女性や高齢者、さらに100を切れない初心者から圧倒的な人気となっています。

 ゴルフ経験の少ない芸能人や100を切れないアマチュアの方の実践レッスンは評判となり、レッスンの内容を多くのゴルフ愛好家に知ってもらうために、【7日間シングルプログラム】というゴルフの教材として販売されるまでになりました。


posted by 7single at 14:49| 小原大二郎とは?