2013年08月21日

ゴルフが上手くなるために、すぐに止めるベきこと!


 今回は、小原大二郎プロが長年指導者として教えていて感じていることを語ってくれました。ほとんどのゴルファーが陥っている罠だと言えるかもしれません。この文章を読んで、すぐに実践してほしい内容です。


 「これだけ練習しているのに、上手くならない・・・」と思っている人にに読んでほしい内容です。練習しているのに、イマイチ上手くならない。そんなふうに思っている人のほとんどが陥っている落とし穴、それは、「“すぐに”上手くなる方法を探している」ことです。こういう方が、本当に多いですね。

上手くなろうと頑張っている姿勢は素晴らしいですし、マジメに練習をしている人がほとんどです。それなのに結果がついてこないのです。


 そのような方に、なぜ早く上手くなりたいのか?その理由を尋ねてみても明確な返事が返ってきません。
早く上手くなればえらいわけでも、すごいことでもないのです。単に格好がいいだけでしかありません。


 このような方にやってほしいことは、「すぐに上手くなろうとすることを止めること」なのです。そして、基本的な練習をみっちりやってほしいと思います。実際、プロもこうした地味だけれども実になる練習を「当たり前のように」繰り返し、繰り返し練習しているのです。その方が、最終的に早く上手くなることを知っているからなんです。だから、早く上手くなる必要なんかないのです。基礎的な地道な練習を繰り返し練習して、身体に叩き込んでやることです。



5ラウンド以内で100を切る上達の秘訣を知りたい方は、
下記サイトをご覧になってください。

 今すぐ・・・
小原大二郎の7日間シングルプログラム



posted by 7single at 10:35| 小原大二郎 語録